白髪染めがおすすめなワケ 多種多様化している白髪染めも、目的に合わせて使い分けることが可能です。種類による向き不向きを知っておきましょう。

白髪染めを使い分ける

今は自宅で使用可能な白髪染めの種類も増えており、好みに合わせて選べるようになっています。

種類の異なる液を混ぜ合わせ化学変化で染めるという、ヘアカラー方法は同じでも髪へのダメージを可能な限り軽減した物や、目にしみるような刺激臭を抑えるなど、より使いやすくなっています。

しかしカラーリングタイプの白髪染めは、どうしても髪や頭皮へのダメージがあるため、敏感肌の人やこれ以上ダメージを増やしたくない人には使いにくさだけが目立ってしまいます。

そこで登場したのが、カラートリートメントの白髪染めです。

仕組みはヘアマニキュアタイプと同じで、髪の表面をコーティングすることで白髪を目立たなくしてくれます。

カラーリングタイプはキューティクルを開き、髪の内部に染色剤を浸透させ染め上げるので、持続性はありますが、ダメージも大きくなります。

その点カラートリートメントは、キューティクルを開かず髪の表面をコーティングするだけなので、ダメージを大幅に軽減出来ます。

色持ちという点では若干劣りますが、毎日使えばトリートメント効果も実感できますし、生え際の白髪も目立たちません。

色持ちはやや劣りますので、時間が経つと色ムラも出てきます。

色ムラが気になり始めたら、カラーリングタイプの白髪染めで色をまとめます。

こうすれば髪へのダメージも軽減できますし、白髪が目立たなければいいという場合は、カラートリートメントタイプを使い続けても良いと思います。(‹参考›白髪の原因と対策 | スカルプDの白髪情報サイト